オフィスホワイトニング

最近では歯のホワイトニングが一般的になってきました。歯を白くすると顔の印象が変わります。自分の笑顔に自信が持てるようになったり、相手から好印象を得られるなどのメリットがあり、ホワイトニングに興味を持つ人が増えています。

このサイトでは、審美歯科でホワイトニングをしてもらうオフィスホワイトニングについて説明します。

オフィスホワイトニングオフィスホワイトニングは、まず歯に過酸化水素という薬剤を塗り、光を照射します。1回の処置にかかる時間は1時間ほどです。1回でも効果は出ますが、効果を高くするためには1週間に1度を3回繰り返すことが推奨されています。費用は、医院や施術内容によっても異なりますが、1回の施術で3万円くらいです。

白さを最も効果的に持続させるための施術頻度としては、オフィスホワイトニングを6か月~1年に1回程度行います。そして、審美歯科で作ってもらったマウストレーと、オフィスホワイトニングの薬剤より少し弱い過酸化尿素などの薬剤を使ったホームホワイトニングを1週間おきに行うのがベストです。

歯の白さを保つため、オフィスホワイトニング後1時間は飲食を控え、ホワイトニングに通っている期間中は、着色しやすい飲食物をなるべく避けたほうがよいでしょう。

ホワイトニングの方法

歯のホワイトニングをする方法は3つあります。ひとつめは審美歯科に行って施術してもらうオフィスホワイトニング。もうひとつは自宅で行うホームホワイトニング、そして、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。
この3つの方法全て対応しているクリニックが大阪のホワイトニング歯科です。ここでは、ホワイトニングだけでなく、不揃いな歯並びも治すことが可能です。まずはこの3つの方法について詳しく説明していこうと思います。

ホワイトニングオフィスホワイトニングのメリットは、何といっても、白くなるレベルが圧倒的に高いことです。オフィスホワイトニングの場合、歯の色を15段階に分けた色の表で4~8段階ほど白さがアップします。デメリットは、かかる費用が高いことです。医院や施術内容によっても費用は異なりますが、1回の施術でだいたい3万円くらいです。また一度行ったら永遠にその白さなのではなく、時間が経つと色が戻るため、白さを持続させるためには定期的に通う必要があります。

ホームホワイトニングのメリットは、都合のいい時間に自分でできることです。また、通販で買えるホワイトニング用のテープが14枚2700円くらいですので費用を抑えられます。デメリットとしては、歯の色が上述した歯の色の表で1段階程度しか白くならないこと、1日30分の施術を14日間続けないといけないことが挙げられます。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するメリットは、白さを維持できることです。デメリットとしては、費用が、審美歯科でのホワイトニング料のほか、ホームホワイトニング用のトレー代として15000円ほどと薬剤が1回分で2千円ほどかかることが挙げられます。

これらのメリットとデメリットを比較し、自分にとってよいホワイトニング方法を選んでみてはいかがでしょうか。

ホワイトニングについて

最近では、歯のホワイトニングがめずらしいことではなくなり、街中の看板や広告などでもよく目にするようになりました。

ですが、歯のホワイトニングの歴史は、そう長くありません。ホワイトニングがアメリカで開発され、最初の薬剤が発売されたのは1991年。そこから世界各国で普及し始めました。日本にホワイトニングが入ってきたのは1995年のことです。芸能人を起用した印象的なキャッチコピーのテレビCMの効果もあり、「歯は真っ白いほうがいい」という価値観が一般に普及しました。その年に日本で初めてのホワイトニングサロンが誕生します。それ以来、ホワイトニングを行う審美歯科の数は増え、また、自宅でできるケア商品なども販売されるようになりました。

笑う多くの人が行うようになったホワイトニングですが、その効果は歯が白くなることそのものだけではありません。歯がきれいだと、自分の外見に自信が出て、歯を見せて笑ったり話したりできるようになるという効果もあります。そのことにより、相手に好印象を与えることもできます。また、歯の美しさを意識するため、歯磨きにも気をつけますので、そのことが虫歯や歯周病なども予防したり軽度のうちに治療をできるという相乗効果につながることもあるでしょう。

このサイトでは、歯のホワイトニングについて説明しますので、興味は持っているけれどよくわからないという方は、本サイトを検討の参考にしていただければ幸いです。