ホワイトニングについて

最近では、歯のホワイトニングがめずらしいことではなくなり、街中の看板や広告などでもよく目にするようになりました。

ですが、歯のホワイトニングの歴史は、そう長くありません。ホワイトニングがアメリカで開発され、最初の薬剤が発売されたのは1991年。そこから世界各国で普及し始めました。日本にホワイトニングが入ってきたのは1995年のことです。芸能人を起用した印象的なキャッチコピーのテレビCMの効果もあり、「歯は真っ白いほうがいい」という価値観が一般に普及しました。その年に日本で初めてのホワイトニングサロンが誕生します。それ以来、ホワイトニングを行う審美歯科の数は増え、また、自宅でできるケア商品なども販売されるようになりました。

笑う多くの人が行うようになったホワイトニングですが、その効果は歯が白くなることそのものだけではありません。歯がきれいだと、自分の外見に自信が出て、歯を見せて笑ったり話したりできるようになるという効果もあります。そのことにより、相手に好印象を与えることもできます。また、歯の美しさを意識するため、歯磨きにも気をつけますので、そのことが虫歯や歯周病なども予防したり軽度のうちに治療をできるという相乗効果につながることもあるでしょう。

このサイトでは、歯のホワイトニングについて説明しますので、興味は持っているけれどよくわからないという方は、本サイトを検討の参考にしていただければ幸いです。